Home 確認中 内窓について

記事担当 ミドリムシ不動産(株式会社ミヤケン運営)(ホームページ

簡単につけられる内窓

リフォームというと大がかりな工事をイメージしがちですが、手軽に始められるのが窓のリフォームです。
内窓は比較的に簡単につけることができて、実は重要性も高い内窓をつけることによるメリットをお伝えします。


◆ひとこと解説◆

内窓をつけることによって、窓の断熱性が高まります。

断熱性が高まることによって、結露対策・冷暖効率アップ・日射対策・防音効果があります。

 


断熱性が高まることで、寒さや厚さへの対策としても効果的です。というのも、窓からの熱の出入りは大きく、冬の暖房時は58%の割合で熱が流出し、夏の冷房時(昼)は73%の割合で熱が入ってくると言われています。(引用元 : 一般社団法人日本建材・住宅設備産業協会)。

 

窓の断熱性を高めることによって、結露対策・冷暖効率アップ・日射対策・防音効果など様々な効果が得られます。
窓のリフォームでは、窓そのものやガラスを交換する方法がありますが、既存の窓を交換できない場合には、今ある窓の内側にもう一つの窓「内窓」をつけて二重窓にする方法があります。

 

実は、内窓には様々な商品があります。プロに設置していただく商品のほか、自分で取り付けることができる簡易的な内窓もあります。自分で取り付ける場合は、窓枠のレールや面材などのプラスチック部材をご自身でカットする必要がありますが、特殊な工具は必要なく、窓枠のレールは両面テープで取り付けるものもあり、賃貸住宅でも取付け可能な場合があります。DIY用に部材がセットになっている内窓商品もあり便利です。

今の家の断熱性を高めたいなら内窓をつけてみるのはいかがでしょうか。

 

一口に珪藻土・漆喰といっても、メーカーによって混ぜる原材料の違いやその配合が異なります。
樹脂を入れて施工性や仕上がりを優先している場合もあり、配合する原材料によって機能や材料費だけでなく施工費にも影響してきます。
選ぶ際には原材料をよくご確認の上、求める仕上がりや機能、ご予算などから比較検討すると良いでしょう。
尚、調湿性能については、JIS規格において、調湿性能があると認められる性能は、1㎡で24時間の調湿量が70g以上の性能がある製品とされています。

 

~家づくりのことをもっと知りたい方へ~

最新の家づくりに役立つ情報をお届け「匠の会メルマガ(無料)」にご登録ください。

▼登録はこちらから

メールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

 

0 コメント
0

You may also like

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

本サイトはユーザーの利便性向上を目的に、Cookieを使用しています。「同意する」をクリックいただき、Cookieポリシーに同意をお願いいたします。 同意する プライバシーポリシー