Home 家づくりのまなびば耐震 あなたの家の耐震性能と補強について

あなたの家の耐震性能と補強について

株式会社大丸建設

最近、熊本・石川・宮城など全国各地で大きな地震が発生しています。その時必ず話題になるのが「住宅の耐震」というフレーズです。

 

 今あなたのお家の耐震性能をご存知でしょうか?

 

このコラムでは既存住宅の耐震診断の方法や改修方法について解説していきます。

 

「あなたの家の耐震性能を知る」

 

既存住宅の耐震性能を知るにはどうしたらよいのでしょうか?

その方法に耐震診断を行う必要があります。まずは耐震診断を行う事になった背景をご説明いたします。

地震大国日本。わが国において昭和25年に建築基準法が制定されました。その後、新潟地震・十勝沖地震を経験し昭和46年に耐震基準の見直しが行われました。更に宮城県沖地震を経験し昭和56年に新耐震基準がつくられました。

南海トラフ地震や首都直下地震など、日本全国で大地震の可能性が予想されています。その様な大地震から自らの生命や財産等を守るためには、住宅や建築物の所有者一人ひとりが自らの問題と意識して取り組んでいくことが重要です。

耐震化は大分進んできておりますが現在でも耐震性不十分な建物が全国で約700万戸あるとみられています。国土交通省では令和12年までに耐震性が不十分な建物を解消することを目標として掲げており、様々な支援をしています。そしてその安全性を判断する方法が【耐震診断】です。

耐震診断は現在建っている建築物が、現行の基準(新耐震基準)と照らしてどの程度の耐震性能を保有しているかを調べます。耐震性能が不足している場合は耐震改修工事が必要となります。特に昭和56年(1981)5月31日以前の旧耐震基準で建築された建物は耐震性能が不足している可能性が高いのです。

 

では実際にどのような診断方法があるのかを紹介していきます。

 

みなさまが今すぐにでもできる耐震診断の方法として「誰でもできるわが家の耐震診断」が有ります。

この耐震診断は、ご自宅の耐震性能の理解や耐震知識の習得を進めていただき、耐震性の向上を図るための耐震改修に向けて、より専門的な診断を行う際の参考にしていただくことを目的に作られました。

お住まいになっている住宅について、住んでいる方がご自身で住宅の耐震診断を行い、住宅のどのようなところに地震に対する強さ、弱さのポイントがあるかなどがわかるようにできています。問診形式で10個の質問に答えて点数を付けていく方法です。

 

誰でもできる わが家の耐震診断 (kenchiku-bosai.or.jp)

 

簡単に出来ますので是非一度、家族みんなで試してみてください。

 

参考:国土交通省HP

建築防災協会HP

 

 

 

 

0 コメント
0

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

本サイトはユーザーの利便性向上を目的に、Cookieを使用しています。「同意する」をクリックいただき、Cookieポリシーに同意をお願いいたします。 同意する プライバシーポリシー