Home 家づくりのまなびば防災 01匠の会が考える防災

01匠の会が考える防災

 

こんにちは、
協同組合匠の会の防災を担当させて頂いております【防災チーム】の高棟建設工業の高橋です。

 

『家づくり』という人の暮らしと生命を守る仕事をさせて頂いています当組合の活動は『防災』とは深いかかわりを持っております。『災害』と言っても色々あり主に、自然災害・大事故・事件・感染症・テロ・戦争等を意味します。

匠の会ではその中でも、地震や津波・台風等の自然災害・火災等の大事故・新型コロナウイルス等の感染症について防災士の資格を持つ【防災チーム】のメンバーがおり、これからこの学び場の中でもたくさんの役立つ情報を発信してまいりたいと思っています。

この学びは自分の命を守るだけでなく、家族をはじめ地域の人々と共有する事で地域防災へと広がってもらえればと思います。共に命を守る知識を学んでいきましょう。

 

ーーー初回は、はじめの一步として防災の原則についてお伝えしたいと思います。

 

防災の原則は

  『自助』 - 自分の命は自分で守る

  『共助』 - 地域・職場で助け合い、被害の拡大を防ぐ

  『協働』 - 市民、企業、自治体等が協力して活動する事

この3つです。

 

人は一人では生きていけません、

防災に関する正しい知識を持つことで一緒に『命を守り、災害から生き残る知恵を養いましょう』

0 コメント
0

You may also like

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

本サイトはユーザーの利便性向上を目的に、Cookieを使用しています。「同意する」をクリックいただき、Cookieポリシーに同意をお願いいたします。 同意する プライバシーポリシー