Home 家づくりのまなびば 「ウッドショック」とは?

「ウッドショック」とは?

運営事務局匠の会

新型コロナウイルスが流行して大きく世間が変わって来ています。
建築業界でも大きいな影響を及ぼしているのが、ウッドショックです。

 

そもそも日本は森林資源が豊富な国の一つです。しかしながらその自給率は35%に届いていないのです。
※日本の国土の2/3が森林といわれています。これは先進国でも上位にランクされる森林率です。

 

ということは、実は65%以上を輸入木材に頼っているということになります。
その輸入木材がほとんど日本に入ってこないというお話のようです。
秋田県にある大手製材工場でも今年の1月では通常コンテナが30個ほど入ってくるところ、
3個のコンテナしか入ってこなかったようです(実に1/10!)
そのため、プレカット(木材を機械で刻む行為)がその時で2/3まで稼働率が落ちてしまったようです。

 

では、このウッドショックが皆様にどのような影響があるのか?

 

構造材を輸入木材にしているハウスメーカーや工務店は資材不足となっており、
家を建てる予定が組みにくくなっているといわれています。また、構造材以外にも羽柄材といわれる仕上げの下地の木材も輸入木材としているところがほとんどです。そういった材料がないために家づくりの途中で工事が止まってしまっている例もあるようです。コストにも影響が出始めています。

しかし私たち匠の会の会員社は、国産材を普段からふんだんに利用していますので今のとこと大きな影響は受けてはいません。しかしこの後にどんな影響が起こるのかは予測ができませんので注意深く見守るしかありませんよね。

 

■最新の情報は、メルマガでお届け!

匠の会メルマガの登録はコチラから

■ウッドショックによる住まいづくりの不安にお答えします

「これから家づくりを検討しているけど、工期に影響あるかしら?」
「値段が高騰? いつぐらいまで続くの?」
今後のご相談、セカンドオピニオンとしての情報収集など、オンラインでプロと気軽に話ができる機会があります。もちろん、相談をしたからと言って家づくりをしなければいけないということはありませんのでご安心ください。

協同組合匠の会 住まいのお悩みオンライン個別商談

0 コメント
0

You may also like

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

本サイトはユーザーの利便性向上を目的に、Cookieを使用しています。「同意する」をクリックいただき、Cookieポリシーに同意をお願いいたします。 同意する プライバシーポリシー