Home その他 [用語解説]無垢フローリング

[用語解説]無垢フローリング

自然を感じられるフローリング素材を知っていますか?

自然の樹木を加工して作る無垢フローリングについて解説していきます。

 

 

◆ひとこと解説◆

自然を感じたいなら無垢フローリング

自然の素材で作ったフローリングは香りや肌触りの良さを楽しむことができます。

 

______________________________________________________

 

無垢フローリングには大きく分けて2種類。針葉樹と広葉樹に分けられます。

針葉樹とは杉やヒノキなどです。

広葉樹とは桜やケヤキ、ナラなどです。

 

針葉樹でできた無垢フローリングはが柔らかく温かいが傷が付きやすく、

広葉樹でできたものは固く傷が付きにくいが比較的冷たいです。

 

無垢フローリングの全体的なメリットとしては湿度、乾燥を調整してくれます。

無垢材でしか体験できない肌触りの良さ、安らぐ香りを楽しむことができ、経年変化による風合い、経年美を味わうことができます。

 

デメリットとしては傷やシミが付きやすく、隙間が空く可能性があり、曲がりや割れが発生することがあります。

 

部屋全体のイメージや部屋の用途によって無垢フローリングを選択し、自然を感じてみてはいかがでしょうか?

 

~家づくりのことをもっと知りたい方へ~

最新の家づくりに役立つ情報をお届け「匠の会メルマガ(無料)」にご登録ください。

▼登録はこちらから

メールアドレスを入力して登録ボタンを押してください。

 

0 コメント
0

You may also like

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

本サイトはユーザーの利便性向上を目的に、Cookieを使用しています。「同意する」をクリックいただき、Cookieポリシーに同意をお願いいたします。 同意する プライバシーポリシー