Home 確認中 【家守り】住まいのメンテナンス③

【家守り】住まいのメンテナンス③

 住まいのチェックリスト 

大切な財産の【家】を維持していくうえで、メンテナンスは大切なことです。しかし壊れて動かなくなってからだと修理やメンテナンスでは直す事ができずに、交換しなければならない場合など、費用が高額になってしまう場合があります。
こうなってしまう前に日頃から建物に住んでいる方がチェックをおこない、簡単なメンテナンスをおこなったり、使い方の工夫を行うことにより【家】の修繕費を抑えるうえで大切なことだと考えられます。

私たち匠の会会員社が定期メンテナンスで伺うときに使っているチェックリスト【家守シート】です。

 

しかし、ここに書かれているチェックリストの内容は各部位の名称だけ書かれていて、具体的にどのようなチェックを行なうか等は簡略化されていて明記されていません。

【家】には使用頻度の高いものから、季節毎にしか使用しないものまで建物には様々な資材や機材が使われています。
そのような多くのものの知識ない人がどのようにチェックしたら良いのか?難しことのように思われますが、
実は普段と違う違和感から感じ取ることができるものも多くあります。

ガタつきや擦れ、傾き、動作音などが良い例です。
これを室内片開きドアであてはめると

・ドアのレバーハンドルがグラグラする

・ドアを開け閉めするとキイキイ音がする、床にこすれる

・鍵がかからなくなった、ラッチがかからなくなった

等がありますが、上記内容だとドライバーで調整するだけで直る事例が多いと思われますが放置して使い続けると

・レバーハンドルの止付け金具、部材が破損し交換しなければならなくなる

・ドアの止付けビス等の緩みにより建具が傾き床にぶつかっていて床や建具に傷ができてしまう

等の事例があり、修理や交換に費用が発生してしまいます。
こうなる前に早めに違和感に気づき、調整などを行うことが大切なことかもしれません。

次回より各部位ごとのチェックリスト、使用時やメンテナンスの豆知識などについて書いていきたいと思います。

この学び場では家のメンテナンスに関する情報をみなさなにご提供させて頂きながら、自分の家を少しでも長く良い状況で住まい続ける基本的な知識を身に着けて頂ければと思います。

次回は「屋根のメンテナンス」についての話です。

お楽しみにして下さい。

0 コメント
0

You may also like

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

本サイトはユーザーの利便性向上を目的に、Cookieを使用しています。「同意する」をクリックいただき、Cookieポリシーに同意をお願いいたします。 同意する プライバシーポリシー