Home 確認中 【家守編】①工務店の行う家守りとは? 

【家守編】①工務店の行う家守りとは? 

百年住宅を提唱する匠の会会員工務店は家を造るだけではなく、その家を見守る役目【家守り】が大切な事だと認識しています。

これから全13話にて、家を建ててから大切なメンテナンスの情報をお届けいたします。

第1話は「工務店の行う家守りとは?」どうぞご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【家守り】とは?

 

日本の家づくりに於いて、今では大手のハウスメーカーが多くの家づくりを手掛けていますが、ハウスメーカーが登場する少し前の日本の家づくりのほとんどは、その地域の工務店が責を負い、お施主さまと直接コミュニケーションをとりながら行われてきました。その地域に長年根ざした工務店には「棟梁」と呼ばれる大工の長(おさ)がいて、住まいづくりの 相談から設計、施工、管理に至るまで全てを取り仕切っていました。

その様に、昔から「お出入りの工務店さん」と言われるその家の全てを知り、見守る役目を匠の会では【家守り】と呼んでいます。

 

“私の家は「あの大工さん」が見ていてくれるから!”

 

そのような安心感を提供してくれるのが、家を造ってもらった棟梁さんをはじめとする地元の工務店さんたちなのです。

 

いくら腕のいい工務店さんやハウスメーカーさんに家を建ててもらっていても、月日と共にメンテナンスが必要となります。

家を建ててスグはいいけど、5年、10年、20年、30年後は何らかのメンテナンスが必要となってくるのです。

 

 あなたの家は誰が守ってくれていますか?

 

「家を建てた工務店がマメに面倒を見てくれている」というのは今では少数派となっているかもしれません。

「家を建てる時は熱心だったあの営業マンは姿を消してしまった」という方も多いのでは・・・

いつからそんな時代になってしまったのでしょうか?

 

悲しくもあり、またそこに私たち匠の会の使命があると感じています。

 

この学び場では家のメンテナンスに関する情報をみなさなにご提供させて頂きながら、自分の家を少しでも長く良い状況で住まい続ける基本的な知識を身に付けて頂ければと思っております。

 

次回は「メンテナンスのスケジュール」についての話です。

お楽しみにして下さい。

 

笠原工務店 笠原一晃

 

 

0 コメント
0

You may also like

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

本サイトはユーザーの利便性向上を目的に、Cookieを使用しています。「同意する」をクリックいただき、Cookieポリシーに同意をお願いいたします。 同意する プライバシーポリシー