Home 確認中 シロアリを知る

シロアリを知る

せっかく建てた我が家を侵食してしまうものの一つがシロアリです。

大切な家族を守る家を、自分で守っていくためにシロアリがどのようなものかお伝えします。

 

◆ひとこと解説◆

日本には4種類のシロアリが生息しています。

地域によって生息している種類が違うので、自分の家の近くにどのシロアリが潜んでいる可能性があるのか、考えてみてください。

 

 

 

 

地球温暖化が原因とされる気候変動の影響が顕著になってきている昨今ですが、実は機構はシロアリの分布にも大きく影響しています。

 

2004年、日本ではヤマトシロアリ、イエシロアリ、アメリカカンザイシロアリ、ダイコクシロアリの4種類がいると発見されました。東日本を含めた全国に分布するヤマトシロアリ、西日本の温暖な地域に生息し、被害の大きいイエシロアリ、輸入材から持ち込まれたとされ、乾燥した木材に潜入している「乾材シロアリ」の一種のアメリカンザイシロアリが各地に分布しており、奄美大島よりも南にダイコクシロアリが生息しています。

 

特に被害が大きいイエシロアリについて説明します。

イエシロアリは巨大な巣をつくり大きな集団を形成しながら、住まいに甚大な被害を及ぼします。2004年当時は、イエシロアリは静岡県を北端として主に太平洋側の黒潮圏に分布していました。ところが、今では神奈川県、東京都、千葉県、茨城県の一部にも分布が広がっていることがわかっています(公益社団法人日本シロアリ対策協会ホームページより)。

また、イエシロアリは、集団が大きく、いったん住まいを食べ始めると、被害の速度も早いため、事前の対策が重要になります。この10年で都内にも被害が広がってきていますので、シロアリ対策を行う必要が有ります。

 

大丸建設

0 コメント
0

You may also like

コメントする

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

本サイトはユーザーの利便性向上を目的に、Cookieを使用しています。「同意する」をクリックいただき、Cookieポリシーに同意をお願いいたします。 同意する プライバシーポリシー